ルクルーゼ鍋おすすめ色やサイズは?ストウブと比較してみました!

前回はストウブのココ・ピコットの特徴やカラー、サイズなどについて詳しく紹介しました。

長くなってしまったので記事を2つに分けまして…今回はル・クルーゼのココットロンドについてです!

 

ル・クルーゼ公式ショップ

 

 

ル・クルーゼ(Le Creuset)

ストウブと同じフランスの発祥です。

鋳物ホーロー鍋としてストウブとよく比較されるル・クルーゼは1925年創業、1991年には日本支社ル・クルーゼジャポンが設立されました。

各国の料理文化に合わせた製品を開発していて、日本で開発された日本ならではの製品も数多くあります。

 

ル・クルーゼは進化し続ける鍋

ル・クルーゼのこだわりであるエナメル加工技術は進化し続け、より傷つきにくく、耐久性がアップした最新のエナメルが適用されています。

これによって急激な温度変化や衝撃に対する強さが増し、さらに汚れが落ちやすく、お手入れがラクに♪

色移り、におい移りも気になりません。

 

ル・クルーゼには「ル・クルーゼ ベビー」「ル・クルーゼ ブライダル」「ル・クルーゼ ペット」といったブランドもあり出産祝いや結婚祝い、大切なペットのためのル・クルーゼもあります!

 

かわいいハート型のココット・ダムールやお花の形のココット・フルールなどは女性に大人気。

ディズニーとコラボしたミッキーモチーフのココット・ロンドもあります♪

ストウブが男性的ならル・クルーゼは女性的な鍋と言われるのもわかりますね!

 

ル・クルーゼ ココットロンドの特徴

フタがドーム状になっていて蒸気の対流が良く、鍋の中に戻る水分量も変わらないため、 ストウブ鍋がピコ(突起)があるのに対し、ココットロンドは突起を採用していない
鋳物ホーローの優れた熱伝導と蓄熱性でゆっくりムラなく熱が入り、食材が煮崩れせず、甘みや旨みを最大限に引き出す。料理が冷めにくく、保温性が高い
ストウブは無水調理ができるが、ル・クルーゼは無水調理には向かない(できないことはないが蓋の密封性が劣るのでおすすめしない)
ル・クルーゼはストウブと同じくガス、オーブン、IHクッキングヒーター、ハロゲン、電磁調理器などすべての熱源で使える(電子レンジは×)
フタの3ヵ所からゆっくり均一に蒸気を逃すスチームコントロールで、素材の雑味を外に逃がし、旨みを引き出す
長年のエナメルコーティング技術開発で発色が美しく、耐久性が高い、臭いや汚れが付きにくい

ル・クルーゼ ココット・ロンドのカラーバリエーション

ストウブに比べると圧倒的にカラーバリエーションが豊富!

把握しきれないのですが、こちらのショップGulliver Online Shopping P15では24センチサイズで19色から選べます♪

サイズによって色数が違いますがどのサイズも迷ってしまうほどのカラーバリエーションです。

中でも楽天市場のGulliver Online Shopping P15は公式サイトよりたくさんの色を扱っているので、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

ル・クルーゼおすすめのカラーは?

ストウブはブラックが人気ですが、豊富なカラーバリエーションが特徴のルクルーゼの人気カラーはチェリーとオレンジです!

近頃はモノトーンインテリアに合わせてグレーやマットブラックを購入する人も多いですが、せっかく色数の多いルクルーゼなのでキッチンがパッと華やかになる明るい色が人気なのですね。

 

 

ル・クルーゼ ココット・ロンドのサイズは?

ココット・ロンドは直径16センチ、18センチ、20センチ、22センチ、24センチ、26センチ、28センチの7種類。

一番小さな16センチはカレーなら約3皿分、お米は1合炊けます(1~2人分)

22センチはカレーなら約10皿分、お米は4合炊けます(3~5人分)。

24センチはカレーなら約12皿分、お米は5合炊けます(4~6人分)。

いちばん大きな28センチはカレーなら約16皿分、お米は7合炊けます(6~8人分)

ただ、あまり小さすぎると煮物などには不向きですし、大きすぎると重いので、22センチか24センチがおすすめです。

 

ストウブとル・クルーゼ、汚れに強いのはどっち?

鍋の内側はル・クルーゼが白いつるつるとしたホーローなのに対し、ストウブは黒くてザラザラとしています。

 

ル・クルーゼは食材がこびり付いても汚れが落ちやすいのですが、白いため使い込んでいるうちにどうしても変色や黒ずみが目立ってきます。

一方、ストウブはザラザラしたマットエマイユ加工のため、食材との接地面が小さく食材がこびり付きにくく、内側が黒いため変色したり黒ずんでもわかりません。

このためストウブの方が断然汚れに強いと言えます。

 

ストウブとル・クルーゼ比較まとめ

ストウブstaubとル・クルーゼLe Creusetはどちらもフランス発祥の鋳物ホーロー鍋で職人が手作りにこだわった歴史ある鍋ですが、より機能性を重視するならストウブ、見た目にもこだわるならル・クルーゼです。

 

★ストウブのピコ・ココットのラウンドとル・クルーゼのココット・ロンドの比較表★

ストウブ ピコ・ココット ラウンド 比較項目 ル・クルーゼ ココット・ロンド
基本は8色

記念カラーなどが出ることがある

確認できているだけで24色はあるが、新色が出たりベビーギフトのパステルなど様々
12種類 サイズ 7種類
蓋裏の突起ピコにより水分が蓋から垂直に落ちるため食材にまんべんなく行きわたる 蓋の特徴 ドーム型の蓋により蒸気が鍋肌から食材を包み込むように調理する

蓋の3カ所に蒸気が抜けるスチームコントロール機能あり

鋳鉄の下地の表面と内面にエナメル質ホーロー加工(エマイユ加工)が3層構造となっている 本体の特徴 3層の特殊エナメルコーティング加工
ホーローのザラザラとした黒マットエマイユ加工により焦げ付きにくく耐久性・保温性が高い 鍋の内側の特徴 ツルツルとしたエナメルコーティングにより臭いが付きにくく焦げやこびり付きが落としやすい
ずっしりと重い蓋とピコにより無水調理が可能 無水調理 できないわけではないがストウブより気密性がないのである程度の水分は必要
蓋のノブ・鍋敷き・ガラス蓋・蓋スタンドなど

動物モチーフのノブがかわいい♪

アクセサリ 蓋のノブ・鍋敷き・鍋掴みなど