ストウブとルクルーゼどっちがおすすめ?人気の色やサイズは?<ストウブ編>

インテリアなどの画像をSNSにアップする人が増え、それに伴ってキッチンも「隠す」から「見せる」に変化しています。

最近のキッチンは食器棚ではなく、ウォールシェルフといって壁に板を取り付けておしゃれな鍋やコーヒーミル、食器などを飾るように収納する「カフェスタイル」が増えてきました。

特にストウブやルクルーゼといった機能性が高く、見た目もおしゃれな鍋は一つ飾るだけでキッチンをセンスよく見せてくるので大人気です。

 

 

 

代表的なブランド鍋、ストウブ社のピコ・ココットとルクルーゼ社のココットロンドの2つを比べてみました。

 

 

ストウブ(staub)

ストウブはフランスを代表する美食の町アルザスの調理器具メーカーです。

ストウブといえば厚手の鋳物ホーロー鍋「ピコ・ココット」が代表的。

当初はプロ向けに作られていたためシェフやプロの料理家に愛用されてきました。

ストウブはひとつひとつが砂の鋳型を使った手作り。

その鋳型は使用後に廃棄されるためサイズや色合い、仕上がり方に微妙な違いがでたり、色ムラや気泡、突起があることも。

ふたつとして同じ製品はない、手作りならではの特徴です!

 

ストウブは機能性重視の鍋

同じフランス発祥ということでル・クルーゼ鍋と比較されることが多いストウブですが、カラフルで様々な形・デザインのバリエーションがあるル・クルーゼが女性的なら、ストウブは男性的な鍋と言えます。

プロ向けに作り出されたストウブは現在もプロの料理人たちに愛されています。

プロはデザインで調理器具を選ぶことはしません、機能性で選びます。

このことからいかにストウブの機能が優れているかがわかりますよね。

 

ストウブ ピコ・ココットの特徴とは

フラットで重たい蓋をして調理することで食材から出た水蒸気は鍋の外に逃げることなく、蓋の裏に付いているピコ(突起)を伝って、食材に水分をまんべんなく行き渡らせるため、料理をふっくらしっとり仕上げ旨味を引き出す
熱伝導に優れた鋳物ホーロー製なのでムラのない熱伝導と高い保温性で、 火を止めた後も余熱でじっくり食材の旨みを引き出し、閉じ込めるから煮込み料理に最適!素人でも簡単にプロの味が出せる
鍋の内側はストウブならではの「黒マットエマイユ加工」が施されている。これはザラザラとした細かな凹凸によって表面積が増えるため、油なじみがよく、食材との接点が少なくなり焦げ付きを防ぐ
ストウブの鍋底は滑らかでガス、オーブン、IHクッキングヒーター、ハロゲンを含む全ての熱源に対応している
蓋のつまみがブラックは真鍮、その他のカラーはニッケル製なので、蓋をしたままのオーブン調理も可能

 

ストウブ ピコ・ココットの形は2種類

ラウンド

ま~るい形なので火の当たり方が均一で、煮物や炊飯はもちろん、無水調理・焼く・炒める・蒸す・揚げるなど幅広い調理に活躍します。

ケーキやパンの焼き型にも使えます。

staub公式オンラインショップ(楽天市場店)ピコ・ココット ラウンド

 

オーバル

楕円形のオーバルは特に、魚やかたまり肉、長い野菜などをそのまま切らずに調理できるので、さらに料理の幅が広がります。

ラウンドに比べて高さがないのでオーブンにも入れやすく、卓上で取り分けやすいという特徴もあります。

staub公式オンラインショップ(楽天市場店)ピコ・ココット オーバル

 

 

ストウブのカラーバリエーション 色はどれがおすすめ?

ずっと愛用したいストウブだから色選びは本当に迷いますよね?

ル・クルーゼが鮮やかで明るいカラーを揃えているのに対し、ストウブは派手さはなく深みのある落ち着いた色合いが特徴です。

 

ストウブのカラー

ストウブのカラーバリエーションは8種類。

ブラック、グレー、チェリー、マスタードはシンプルな色、グランブルー、バジルグリーン、シナモン、グレナディンレッドは深みのあるマジョリカカラー。

ストウブ おすすめの人気カラーは?

どのストウブ鍋もかわいい色ばかりで選ぶのに迷ってしまいますよね。

ストウブ鍋を愛用する人の中には何色も持っている人もいますが、おすすめはやっぱり自分がいちばん欲しい色、好きな色です!

そうは言ってもやっぱり冒険するのは勇気がいるもの。

そんな人にはブラックがおすすめ。

カラー人気ランキングでもトップです。

 

次におすすめはキッチンのアクセントになって気分を明るく盛り上げてくれるかわいい色、チェリーです!

 

私はチェリーがいいなぁ❤

限定カラー サックスブルー

スペシャルカラー「サックスブルー」は40周年記念に限定発売されたカラーです。

鮮やかなブルーが北欧を思わせます。

とっても素敵ですね♪

 

 

ストウブ ピコ・ココットのサイズバリエーション

ラウンドは直径10センチから2センチ刻みで34センチまで12種類、オーバルは11、15、17、23、27、29、31、33、37、41センチの10種類です。

毎日のお料理に使うなら、ラウンドなら20・22センチ、オーバルなら23・27センチが最適

ラウンドの14・16センチ、オーバルの15・17センチは、一人分の器としてそのままテーブルにも出せるサイズです。

 

たくさん食べる男性が二人もいる我が家は26センチに!
カレーもいっぱい作らないとだしね。

ストウブ(staub)とル・クルーゼ(Le Creuset)の比較<staub編> まとめ

ストウブ鍋の魅力は伝わりましたか?

お値段もそれなりにしますが、お値段以上の価値がある、大切にずっと使いたい鍋ですよね。

ル・クルーゼについては次の記事で語りたいと思います!

 

★ストウブのピコ・ココットのラウンドとル・クルーゼのココット・ロンドの比較表★

ストウブ ピコ・ココット ラウンド 比較項目 ル・クルーゼ ココット・ロンド
基本は8色

記念カラーなどが出ることがある

確認できているだけで24色はあるが、新色が出たりベビーギフトのパステルなど様々
12種類 サイズ 7種類
蓋裏の突起ピコにより水分が蓋から垂直に落ちるため食材にまんべんなく行きわたる 蓋の特徴 ドーム型の蓋により蒸気が鍋肌から食材を包み込むように調理する

蓋の3カ所に蒸気が抜けるスチームコントロール機能あり

鋳鉄の下地の表面と内面にエナメル質ホーロー加工(エマイユ加工)が3層構造となっている 本体の特徴 3層の特殊エナメルコーティング加工
ホーローのザラザラとした黒マットエマイユ加工により焦げ付きにくく耐久性・保温性が高い 鍋の内側の特徴 ツルツルとしたエナメルコーティングにより臭いが付きにくく焦げやこびり付きが落としやすい
ずっしりと重い蓋とピコにより無水調理が可能 無水調理 できないわけではないがストウブより気密性がないのである程度の水分は必要
蓋のノブ・鍋敷き・ガラス蓋・蓋スタンドなど

動物モチーフのノブがかわいい♪

アクセサリ 蓋のノブ・鍋敷き・鍋掴みなど