敬老の日におすすめのグルメギフト 60代・70代に喜ばれる厳選プレゼント!

毎年9月の第3月曜日は敬老の日です。

普段はなかなか感謝の気持ちを伝える機会がないけど、敬老の日はおじいちゃん、おばあちゃんに喜ばれるプレゼントを贈りたい!

それならおいしいグルメのギフトを贈ってみてはいかがでしょうか?

プレゼントは嬉しいけど、まだ敬老の日を祝ってもらうほど歳はとってないわい!!という60代、70代のおじいちゃん、おばあちゃんも、「おいしいものお取り寄せしたから一緒に食べよ♪」とプレゼントすれば、悪い気はしないものですよ。

それぞれ厳選した一品をご紹介しています!

敬老の日におすすめ うなぎの蒲焼

うなぎ屋たむろの蒲焼「岐阜鰻たむろ極」

近年、国産ウナギは値段が高騰していてなかなか手が出しにくいため、価格の安い中国産や台湾産などが多く出回っています。

「にほんうなぎを使った蒲焼」なら国産かと思いがちですが、”にほんうなぎ”を台湾などで養殖したものだったり…。

国産ウナギの蒲焼もたくさんありますが、あり過ぎてどれを選んだらいいか迷ってしまったら、モンドセレクション3年連続最高金賞を受賞したこちらのうなぎ屋たむろのうなぎの蒲焼をおすすめします!

うなぎ屋たむろの蒲焼おすすめポイント

数あるうなぎの蒲焼から私がたむろの蒲焼を選んだ理由は~

 1  モンドセレクション最高金賞を3年連続で受賞

 2  うなぎの一流ブランド「三河一色うなぎ」もちろん国産を使用

 3  実店舗があって、職人さんが一尾一尾お店と同じに焼いている

私の一押しポイントは 3 です!

お取り寄せグルメは実店舗がなく加工・製造を工場に依頼している商品も多いのですが、岐阜鰻たむろ極は行列の絶えない人気のうなぎ屋さんが通販用に開発したものです。

モンドセレクションを受賞したうなぎの蒲焼は他にもありますし、国産うなぎを使っているものもたくさんありますが、実店舗があるショップのうなぎ蒲焼は大きな工場で焼いたものとは比べ物にならないと思いませんか?

うなぎの味は育った水で決まると言われていますが、最新システムで24時間徹底管理され驚きの高レベルで維持される水で育ったうなぎを、お店と同じに紀州産備長炭の遠赤外線で熟練の職人さんが一尾一尾じっくり焼き上げます。

ふっくら美味しいうなぎの蒲焼はおじいちゃん、おばあちゃんもきっと喜んでくれますね♪

敬老の日におすすめ すき焼き肉

今半の黒毛和牛すき焼き用

ロースに比べてあっさりのモモ肉とロース肉特有の旨味が感じられる肩ロースのすき焼き用です。

固いんじゃないの?と心配になるかもしれませんが、霜降りの薄切り肉なので柔らかく、60代、70代のおじいちゃん、おばあちゃんも飽きることなく食べることができますよ。

今半のすき焼き用肉おすすめポイント

今半のお肉は黒毛和牛の雌だけを使っったA5・A4ランクのお肉

筋肉質の雄牛と比べて雌牛は肉の繊維がきめ細かく、甘みがあってとても柔らか。
脂肪の溶ける温度が低いので、口に入れるととろけていきます。

いくつになってもお肉は食べたいわよね~。

敬老の日におすすめ 蕎麦

越後十日町小嶋屋のへぎ蕎麦

うなぎや牛肉もいいけれど、つるつるとしたのど越しのお蕎麦はこってりしたものが苦手なおじいちゃん、おばあちゃんにおすすめです。

へぎ蕎麦ってご存じですか?

へぎ蕎麦とは魚沼産コシヒカリで有名な新潟県魚沼地方のお蕎麦で、つなぎに布海苔(ふのり)という海藻を使っています。

そのそばを「へぎ」と呼ばれる、ざるそばを盛り付ける器を3倍にも4倍にも大きくしたような木の器に盛り付けたものがへぎ蕎麦です。

小嶋屋のへぎ蕎麦おすすめポイント

一般的な蕎麦はつなぎに小麦粉を2割ほどと山芋やヤマゴボウなどを混ぜますが、小嶋屋のへぎ蕎麦はつなぎに小麦粉を使わず蕎麦粉と布海苔だけを使っています。

へぎ蕎麦の特徴は、布海苔を使うことによって生まれるつるんとしたのど越しとコシ
つるつるといくらでも食べられちゃいます!

越後十日町小嶋屋のそばは何度も皇室へ献上したことがある「皇室献上へぎ蕎麦」なのです。

新潟県民の私としてはへぎ蕎麦は小さい頃からよく食べてきたお蕎麦。
もちろん年越しそばも小嶋屋のそばです♪

敬老の日におすすめ 辛子明太子

福岡・島本の大吟醸仕込み無着色辛子明太子

日本人のご飯のお供の定番はやっぱり明太子!!ですよね~。

明太子と言ったら福岡。
有名店もいろいろあって通販でお取り寄せが手軽にできるようになり、どこの明太子がいいのかな?と迷ってしまいます。

こちらの島本は地元福岡県民のなかでも評判の美味しい明太子です。

島本の辛子明太子おすすめポイント

島本の明太子は国産のスケトウダラを使っています。
が、国産スケトウダラは年々漁獲量が減っていて、現在は国産に加えてアラスカのスケトウダラも使っています。

獲れたスケトウダラを30時間以内に島本オリジナルの調味液に漬け込みます

調味液は贅沢にも大吟醸酒を使っています。
甘みがぐっと増してフルーティーでまろやかな辛子明太子はおじいちゃん、おばあちゃんにも喜ばれること間違いなし。

着色料は使わず、調味液も必要最低限で素材の旨味を損ないません

辛子明太子だけど甘みがあってまろやか・・・。
おいしそう。

敬老の日におすすめ 梅干し

紀州うす塩梅「至宝」

こちらもご飯のお供として定番。
昔から親しまれてきた梅干しですが、高級梅干しって自分ではなかなか買いませんよね?

でも、いただいたらとっても嬉しい♪

梅と言ったら紀州の南高梅。
普段は食べないような高級梅干しをおじいちゃん、おばあちゃんに贈ってみませんか?

紀州うす塩梅「至宝」のおすすめポイント

梅の本場・紀州みなべの自家農園と契約農家の厳選した完熟南高梅を使っています。

その完熟南高梅は生梅の風味を最大限に引き出すために、塩分を5%という低さまで抑えて、調味料・保存料を使わずに漬けています

1粒は約20グラム、大きさとしては直径約4センチにもなる大粒!

和歌山県認証品・特選紀州梅干認定品に選ばれている梅干しです。

塩分が気になるおじいちゃん、おばあちゃんにも安心して美味しい梅干しが食べてもらえるね!

敬老の日におすすめ 市田柿

信州特産品・最高級市田柿

市田柿は長野県下伊那郡高森町の市田地域で生産されていたことからこの名が付きました。
この柿は渋柿で、これを干し柿にしたものが「市田柿」です。

皮をむいた柿を約1か月間、湿度に細心の注意を払いながら乾燥させるのですが、この作業がとっても神経を使うんです。

私の友人も干し柿を作っていますが(市田柿じゃありません)、湿度が高すぎるとすぐカビが生えるので、1日のうちで干す場所を変えたり、乾燥機をいくつも設置したり…。

なので、干し柿を作るって並大抵の労力じゃないというのだけはわかります。
お値段がするのも頷けます。

乾燥後もいくつも作業工程があって、市田柿が出来上がるのは約10か月かかります。

市田柿のおすすめポイント

干すことによって渋みが抜けた市田柿の糖度はなんと40~65%、砂糖を使わない自然の甘みです。
江戸時代には将軍様への献上品とされていました。

実は、市田柿はカリウム、マンガン、ビタミンAを豊富に含んでいますが、レーズンなどのドライフルーツの5倍以上のポリフェノールが含まれているんです。

ふっくらもちもちの市田柿、きっとおじいちゃん、おばあちゃんには懐かしい味として喜んでもらえることでしょう。

干し柿、おいしいよね~!
高くて買う勇気ないけど(;´∀`)

まとめ

おじいちゃん、おばあちゃんのためにお取り寄せしたいグルメ、楽天市場を見るとたくさんの品ぞろえがあり、本当に選ぶのがたいへんなのですが、じっくり時間をかけて選んでみました。

どれも自分のためにはなかなか買わないけど、もらったら嬉しいものばかり。

うなぎにしても明太子にしても梅干し、干し柿にしても何となく懐かしさを感じませんか?
昔から日本人に親しまれているものですが、ワンランク上のこだわりの品は、おじいちゃん、おばあちゃんにぜひ贈りたいですよね。